お知らせお知らせ

「東日暮里のいえ」シュミレーション

 周囲を大きな建築に囲まれた「東日暮里のいえ」。諸条件から木造2階建となり、太陽光をいかに取り込むかが大きな課題だったので、模型をつくるだけでなく、ソフト「ホームズ君・省エネ診断エキスパート/住まいのエコナビ」を活用して「日影シュミレーション」の動画をつくり、夏至・春分秋分・冬至のそれぞれの1日の太陽光のあたりかた、近隣建物からの影の影響(また近隣への影の影響)などをチェックしました。それをもとに、トップライトと高窓の位置を決め、1階まで太陽光を落とし込む工夫を考えています。将来的に太陽光発電パネルを設置する位置も検討した上で屋根の形状を決めました。

 基本設計がまとまったので、今月実施設計をスタート。同じホームズ君の「構造EX」というソフトを使い、自社で構造計算を行いながら、「省エネ診断エキスパート」で、UA値(断熱性能)と一次エネルギー消費量を算定するなど、同時進行で検討していきます。9月上旬には実施設計を完了し、工事見積の作業にはいる予定です。

春分(3/20)朝10時の太陽光の状況
春分(3/20)午後1時の太陽光の状況
2月頃の昼の太陽光の状況
一覧に戻る