六曜舎・東京事務所(えねこや・六曜舎)

築40年の古家をスケルトンリフォームした事務所兼用住宅。建物ボリュームを小さくし、切妻を片流れ屋根に変更して、太陽光発電パネルと太陽熱温水器、トップライトを設置。18kWhの鉛蓄電池によって、電力会社の電線をひかない「オフグリッド」を実現した。当面はガスも引かずに、コンロはIH、給湯器はなく、太陽熱の温水のみで年間7割以上の入浴・シャワーが可能。雨水タンクや井戸水など、水の有効利用をはかりつつ、木質バイオマスの無電力ペレットストーブを採用して「完全CO2排出ゼロ」の事務所を実現した。
建物の耐震補強を行い、トリプルガラスや高性能木製サッシ、高い断熱性能など、建物の温熱環境も大幅に改善した。夏の日射遮蔽や通風の確保、冬の太陽熱の取り込みと床下空間の活用などに配慮しながら、国産材(スギやカラマツ)を構造や仕上げに活用し、ワークショップで珪藻土を仲間と仕上げるなど、人と環境に優しい、高性能な建物「えねこや(エネルギーの小屋)六曜舎」ができました。

Date

木造2階建
敷地109.05m2(32.98坪)
延床46.22m2(13.98坪)

六曜舎・東京事務所(えねこや・六曜舎)

一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る