あざみ野南の家

明るく風通しのよい1階LDKは、一部をセットバックさせて、南側に家がたっても1階へ太陽光を取り込めるよう、吹抜と高窓を設置。夏の日射遮蔽には軒や小庇、落葉樹を活用。また道路向かいの桜の木、シンボルツリーのアオダモなど、室内から緑を楽しめる開口計画を行いました。
吹抜とブリッジは上下階のつながりを生み、どこにいても家族の気配が感じられるように。回遊性を持たせたキッチンと水回りは、十分な収納量を確保して、スムーズで使い勝手の良い家事動線を実現。
高い断熱気密性と、オープンプラン+吹抜によって、室内温度差の少ない家に。建主の希望で、床暖房とエネファームを採用し、創エネ+省エネの住まいに。
土佐材のスギやヒノキを構造や内外装材に活用し、土佐しっくいなどの自然素材とともに、居心地のよさを演出。家族で伐採したヒノキは化粧柱に利用、しっくいや植栽、塗装など、一部を建主家族とともに施工し、建主参加型の家づくりとなりました。

Date

木造2階建
敷地155.54m2(47.05坪)
延床114.65m2(37.0坪)

あざみ野南の家
写真:大槻茂

一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る